足のケアって?爪切り・胼胝や痛みのある魚の目・巻き爪のお手入れはすべて足のケアです。

2022/03/09 ブログ
トランペット型

動く歩道やエレベーター・エスカレーターなど便利な設備が整えられ、歩く頻度もそうですが、歩き方も変化しています。どのような変化かというと衝撃を吸収するためにあるべき足のアーチがなくなったり、外反母趾や開帳足・浮指というものです。

これらの変化は、巻き爪や足裏の胼胝をできやすくします。

整体やネイルサロンで巻き爪矯正をしてくれるところも増えてきていますが、痛みがある状態で出向くことはなかなか大変です。特に年齢を重ねたご年配の方にとっては移動手段もタクシーを利用しなければならなかったり、階段を含め段差などがあると苦痛を伴うことも多くあります。

足の処置室では、訪問看護師として働いた経験から「訪問」してケアを行っております。そしてただトラブルを解消するだけではなく、原因や対処法についてのご説明も行い、歩行に必要な状況を作るお手伝いをしております。

ご相談下さる方の中に「デイサービスのスタッフから皮膚科に行ってください」と言われたという方も多くおられます。

どこの皮膚科でも爪切りをしてくれるわけではありません。保険診療の関係で明らかな炎症を伴っている状態など対応するための条件が整っていないと医療処置とはならないため「痛い」と言えば痛み止めの処方となってしまうのです。

『この爪どうしよう』『普通の爪切りでは無理』『怖くて手が出せない』などお悩みの方はどうぞ一度ご相談ください。