東京フットケア協会のフットケア講師もしています。訪問爪切り足の処置室もやってます

2021/09/25 ブログ

東京フットケア協会で、フットケア講師をしつつ訪問看護師でもあり訪問型フットケアを行っている足の処置室の村田と申します。

最近自分が何者なのか分からなくなってきました^~^💦。

「足が痛くて歩けない」とおっしゃって病院に行くと「とりあえず湿布を出しておくよ「と言われた事がある年配の方、実は結構いらっしゃいます。

 

先生は足に触れて診察されたでしょうか?靴下を脱いでっておっしゃったでしょうか?

筋肉が張って痛むのか、筋力が低下して歩く耐久力が低下し痛むのか、外反母趾などで痛むのか・・・・そして爪が変形して歩くと痛いのか。

 

痛みの原因と対処をしなければ、膝や腰にも負担がかかり、どこが痛いのか訳が分からなくなります。

 

歩けなくなることで気力が落ち、臥床がちになるという流れをご存じでしょうか?

当たり前に歩けていたのに、気が付くと「少し歩いても息が切れる。疲れる。足が前に出ない。」など足の関節や足の指が関係していることも多くあります。

いつまでもご自身の足で歩ける状態を維持するお手伝いをいたします。

医療知識がありますので、何が問題なのか・どう対処することがよいのかご相談だけでも受け付けております。

施術中はお電話に出ることが出来ないこともありますが、折り返しご連絡させていただきますので是非ご相談ください。相談だけなら電話代で済みますしcheeky