巻き爪・魚の目をはじめ足のトラブル・爪のトラブルに訪問して処置いたします。

2020/11/03 ブログ
角質

靴を履いていて、小石が足の裏に当たっていたら靴を脱いで小石を取り除きます。

足の裏が固くなって魚の目までできて痛くなったら、どうしますか?

角質と魚の目を何とかして取り除きたいと思いますよね。

 

昔はスピール膏という貼り薬で魚の目の芯をふやかして取り除こうとしました。

でも貼る面積が大きすぎたり、歩いているうちにスピール膏がずれたりして正常な皮膚までふやけてとんでもないことになるんです(過去にもスピール膏の画像を上げさせていただいています。看護師が処置した事例です)。

清浄な皮膚まで傷つけてしまうと、ヒリヒリして歩行に支障が出ますし、庇いながら歩くことで膝や腰が痛くなることもあります。

スピール膏

歩くことを維持するために何が必要ですか?

筋力?

気力?

ひたすら歩く?

 

歩くときに体重を支えるのは足の裏。手のひらより少しだけ広い面積で体重を支えます。

足の裏に問題があると、痛みをかばって足首や膝・腰に負担がかかり、庇うことで歩き方が悪くなります。

爪の状態が厚かったり変形していると、靴が合わなかったり変形のせいで隣の指を傷つけたりします。

 

そのような状態で歩き続けていたらどのような状況になるでしょう・・・・。

 

いずれ歩くこともままならなくなる可能性が高いのです。

人工爪

必要なケアを受けること・正しい靴の履き方・正しい爪の手入れを知ることが、いつまでも元気に自分の足で歩ける生活を手に入れることができると思うのです。

 

足なんて・・・と思わず、足だから大切にして頂きたいと思っています。